フェイシャルケアで行う顔の美容エステのの簡単なやり方をわかりやすくまとめてあります。

化粧水を使った顔面エステ

Image顔面への水分補給を行うフェイシャルエステでは、自分の肌質にあった化粧水を使います。コツとしてはできればあまり化粧水はケチらず多いかなと思うくらいの十分な量を使うということです。また化粧水は手のひらを使うよりもコットンに染み込ませて使った方がより効果的に顔面の水分補給をすることができます。化粧水を含ませたコットンを中指と薬指を使って挟み込み、肌を軽く叩くような感じで染み込ませてゆきます。
肌を軽く叩くようにして塗りこむ方法を「パッティング」と言いますが、これは下側から上に向かって叩き上げるようなイメージで行います。つけそびれを残さないことを心がけ、頬や額、鼻など面積の広い場所から優先的に行うようにします。
顔全体への水分補給が終わったら、次に目元や口元といった乾燥しやすい場所にもう一度念入りに塗布とパッティングを行います。特に目元は肌質にかかわらず大変乾燥がしやすく、後に残るシワをつくりやすい場所なので、入念に行うようにしましょう。口元では指先を使ってうるおいをなじませるようにラインを撫でていきます。
最後に手のひらを使って、顔全体にうるおいをしっかりなじませていきます。コットンで行うパッティングとは違い、手のひらで行う場合はそっとおしつけながら行います。水分が残ったままではそのあとの美容液や乳液がうまくのらないので、最後の仕上げではしっかりと化粧水が肌に浸透したことが確かめられるまで行うようにしましょう。